最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

プロフィール

イリアス_

Author:イリアス_

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

PS4版DQ11RTA 14:15:34

2017年8月11日~12日にかけてPS4版DQ11のRTAを実施しました。記録は14時間15分34秒(計測区間は「冒険の書をつくる」を選択してから、ラスボス撃破まで)でした。

【ネタばれあり】です。
<プレイ環境>
ハード:PlayStation4 pro
ソフト:パッケージ版DQ11
コントローラ:ホリパッドFPSプラス(連射機能付きコントローラ)
計測区間:「冒険の書をつくる」を選択~邪竜ウルナーガ&魔王ウルノーガ撃破
レギュレーション:「ふっかつのじゅもん」の入力の禁止、及び「プレゼント受け取り」の禁止

<ラップタイム>
(以下は主要なボスの撃破タイムをラップタイムとして掲載しています。)
 計測のタイミングは「○○を やっつけた!」の表示がなされたタイミングです。
 「~を やっつけた!」が出ない敵に関しては,画面が白くなりきった瞬間です。

いたずらデビル 1:04:50
イビルビースト 1:24:55
デンダ一味 1:54:24
デスコピオン 2:32:47
ホメロス(1回目) 3:13:36
ベロリンマン&ガレムソン 3:44:02
ビビアン&サイデリア 3:55:22
レディ・マッシブ&マスク・ザ・ハンサム 4:00:08
ロウ&マルティナ 4:05:15
アラクラトロ 4:21:14
クラーゴン 5:26:18
ごくらくちょう 5:53:19
メルトア 6:35:56
ムンババ 7:07:00
リーズレット 7:23:19
ゾンビ師団長 8:23:22
屍騎軍王ゾルデ 8:48:46
ロウ 9:24:11
フールフール 9:43:31
嘆きの戦士 10:20:12
バクーモス 10:41:25
呪われしマルティナ 10:52:46
妖魔軍王ブギー 10:56:46
覇海軍王ジャコラ 11:13:09
鉄鬼軍王キラゴルド 11:49:13
魔竜ネドラ 11:58:32
人食い火竜(1回目) 13:01:44
人食い火竜(2回目) 13:10:52
邪竜軍王ガリンガ 13:27:58
魔軍司令ホメロス 13:55:03
魔王ウルノーガ 14:05:04
邪竜ウルナーガ&魔王ウルノーガ 14:15:34


前回の自己記録からの主な変更点>

(1)計測区間の開始地点を「冒険の書をつくる」を選択したところからとしました。
たらひろ君の14時間30分22秒の簡易レポートに「DQ11を選択してからタイトル画面に移るまでの間に配信禁止区間になったこともある」記載されていたため、計測区間を、当該配信禁止区間を除くような形としました。

(2)アラクラトロ戦でヴァイパーファングを使用することにしました。
 これについては恥ずかしながら見落としており、前回のRTAの翌日に気づいたのですが、そもそもデスコピオンにヴァイパーファングを使用することにした時点で気づくべきでした。視野が狭い。

(3)リーズレット戦までにシルビアがハッスルダンスを習得するように稼ぎを行うことにし、その際の稼ぎによってクラーゴン前のゾーン調整を終わらせることにしました。
 これについては、たらひろ君の14時間30分22秒の簡易レポートに記載されている、

「・クラーゴン前に主人公・カミュ・ロウをゾーンにし,ついでにシスケビア雪原でロウLv24(ベホイム)辺りまで狙う」
「・リーズレット
 (中略)
 シルビア:ハッスルダンス>バイシオン>火吹き芸」

という点を参考にさせていただきました。

 なお、序盤に両手剣による渾身斬りを多用し、アラクラトロ戦時点で主人公レベル14(最低限しか稼ぎを行わない)という点は変更していません。そのため、リーズレットにハッスルダンスを間に合わせるという点は共通しますが、全体の稼ぎ計画は異なるものになっていると思います。

(4)ロウ(冥府)戦の戦略を変更しました。
 盲点になっていたため気づくのが遅れましたが、ギガスラッシュはロウの本体に対しては無効ですが、ロウの影には有効です。
 そのため、影を召還されるたびにギガスラッシュで排除することで安定度を高めることができそうです。実際そのようにプレイしました。
 ただし、ギガスラッシュで確実に倒せるわけではなく、倒しきれないことも多いため、体感では勝率が上がるように感じていますが、あるいは使用しない方がいいかもしれません。
 改善案として、ロウに覇王斬を5回当てることで撃破する際に、もし威力の低い段階(2発目や3発目)をロウに当てなくとも撃破できる場合は、ギガスラッシュを使用して1匹残った場合にその敵を覇王斬で処理することにすると噛み合わせが良さそうです。戦闘後に思いついたため、このあたりは未確認です。

(5)崩壊後におけるマルティナのメインとなる特技を「ばくれつきゃく」から「さみだれ突き」としました。
 この2つはどちらを選ぶのが最適かよく分かっていないのですが、
 ばくれつきゃくをメインにした場合、マルティナを「ガンガンいこうぜ」にしていると、ばくれつきゃくではなくミラクルムーンを使うことがあります。ばくれつきゃくの習得にはミラクルムーンの習得が必須なのでこれは仕方ないのですが、さみだれ突きをメインにすればこういったことがなくなるのでは、と考えたため、今回はそのようにプレイしました。
 実際、AIに任せている際にさみだれ突き以外の行動をするケースは非常に少なかったので、こちらの方が良さそうです。きしんの魔槍を装備した際に魔王ウルノーガにガードされないのも大きい(ばくれつきゃくだとたまにガードされる)。

その他、細かい変更点や最適化は多々ありますが、割愛します。

<プレイ内容>
・イビルビースト前で主人公レベル5・カミュレベル6の状態で2人ともゾーン状態だったためそのまま挑む。両方ゾーンとはいえ流石にやり過ぎ感があったものの勝利
・シーゴーレム戦で全滅。葉を主人公からシルビアに渡し忘れており、その主人公が死亡。
 粘れば勝てたかもしれないけど、直前にセーブしていたこと、経験値のロスが痛い(ここで主人公のレベルが上がらないとホメロスの打撃で即死する可能性があると判断)こと、等の理由により全滅を選択。戦い方も良くなかった。要反省
・ホメロス戦で主人公が死亡、シルビアの世界樹の葉で蘇生。
・アラクラトロ戦でシルビアが死亡、主人公の世界樹の葉で蘇生。
・壁画世界で高速移動するためにエビルドライブを倒す際にお供ではぐれメタルが2匹出現。1匹撃破。
 これによりシルビアがレベル22になったためメルトア戦でハッスルダンスが使えるようになるものの、スキルパネルで習得させるのを忘れ、しかも途中までハッスルダンスがある前提での戦いをしてしまったため、気づいた時には立て直し困難な状態となっており全滅。
・ムンババ戦で全滅。これも色々と良くなかった

前回よりはマシでしたが、なんだかんだで酷いミスを大量にしており、残念です。
3回全滅し、敵との誤接触も(数は減りましたが)それなりにあるような内容でも14時間15分なので、14時間は切れそうです。
今月中にもう1周挑戦したいところですが、できるかどうかは不明。

| ホーム | PS4版DQ11RTA 14:45:31 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム