最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

プロフィール

Author:イリアス_

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンホワイト2RTA 4:03:31

やってました。ラップとか
電源投入0:00:00
チェレン撃破0:28:05
ホミカ撃破0:47:31
アーティ撃破1:10:07
カミツレ撃破1:24:56
ヤーコン撃破1:40:24
フウロ撃破2:04:02
シャガ撃破2:29:05
シズイ撃破2:48:27
ゲーチス撃破3:29:43
アイリス撃破3:55:50
THE END4:03:31

使用したのはNintendoDSliteです。

メイン戦略についてはTGA会誌に掲載しているものから大きな変更はなし。
その関係上、独断でネット上で公開するわけにもいかないので、
ここではその戦略との差分を書くことにします。したがって、会誌から得られる情報を前提として持っていないと何を言っているのか分からない箇所があると思いますが、ご了承ください。


・序盤の稼ぎ回数を大幅に減らした。
ここら辺は元々ブラックボックスだった影響で少し曖昧な部分も残っており、もう少し厳密に調べたいところ。調べてもほとんど変わらないかもしれませんが。
ポケウッドでの強制セーブがあるせいで非常に調査しづらいのが難点。

・(そらをとぶ)要員としてマメパトを捕獲できなかった場合はヒウン下水道でズバットを捕獲する。
これは4:14の時もそういう戦略にしていたのですが、この分岐はボス戦にも影響するため、色々複雑になっても良くないかと思い、会誌の方には書いていませんでした。

・フキヨセシティジムにおいて、自ポケが「特攻が高く特防が低め」という個体だった場合は、ジムの一人目のトレーナーを(しあわせタマゴ)所持状態で倒してレベル36に上げ、フウロ戦で(たつじんのおび)を持たせる。
特攻がかなり高い場合は(たつじんのおび)を持たせることでココロモリ一撃が狙えます。(メロメロ)から一気に崩れることがあるので狙えるなら狙いたいところです。
が、これを狙った場合はスワンナ登場時にレベルが36にならず、特防が低い場合はスワンナの(エアスラッシュ)を(スペシャルガード)使用時でも3発耐えないことが多いです。よって、ジムの最初のトレーナー(所持ポケモンは1体のみ)を狩っておくことで、「ココロモリ一撃狙い」と「スワンナ登場時レベル36」を同時に満たそうというものです。
ここで3発耐えるようにしておくと、HP全快から(エアスラッシュ)急所を引いても耐えますし、スワンナのHPを減らせていない状態でこちらのHPが減った状態から(エアスラッシュ)急所で即死したとしても、蘇生後に(エアスラッシュ)に2発耐えるので何とかなります。また、回復回数も減るので撃破速度もあがるため、安定にしか寄与しない策というわけではありません。
特防がそれなりに高くてレベル36が不要な場合、特攻がそこまで高くなくてどちらにせよココロモリが一撃で倒せない場合((たつじんのおび)を持たせる必要がないため自然とレベル36になる)、極端に特防が低くてレベル37でも耐え回数が変わらないと思われる場合、ここまでの道中で敵トレーナー避けを失敗していて経験値が入っている場合(自然とレベル36になる)、などでは不要な分岐なので限定的ではあります。敵トレーナー避けミスによるロスがあったとしても分岐によっては吸収できるのが個人的に好き。

・(かいりき)要員としてビリジオンを捕獲せず、固定戦闘でイワパレスを捕獲する。
ソウリュウシティジムで必要かと思いましたが不要でした。イワパレスは後々活躍します。

・ソウリュウシティジムの3番目のトレーナーをローテーションバトル(左側)に変更する。

・ゲーチス撃破後は(あなぬけのヒモ)で脱出する。
この見落としは酷過ぎでした。何をやっているのかと

・チャンピオンロードでダゲキを所持している強制戦闘トレーナーの前でイワパレスを先頭にして(ステルスロック)を使用する。
こうすることでダゲキの(がんじょう)を無力化することができます。
イワパレスはここで死ぬので並び替えをすることなくポケモンリーグへ。
ポケモンセンターで回復するとイワパレスが復活するのでそのままレンブ戦へ。また(ステルスロック)を使用してダゲキの(がんじょう)を無力化。
この戦闘でイワパレスはまた死ぬので並び替えを最後まで行わなくて済みます。
また、レンブ戦のナゲキは、イワパレスの死に際の攻撃数発&メインアタッカーの一撃で倒さないとロスになるので、その確率を上げるため、イワパレスに(シルクのスカーフ)を持たせます。用済みとなったはずの(シルクのスカーフ)がこの終盤に来て復活するのが個人的に好き。
なおアイリス戦でも使えないかな? と思って試してみたところ(なみのり)で瞬殺された模様。

・シズイ戦が理想撃破パターンから外れると相当ロスするのが辛い。
案としてはこの戦闘だけ(ふるいたてる)を再度覚え直しさせることでホエルオが(ドわすれ)を使用してきてもターン数を増やさせないというのがありますが、確定で30秒弱ロスする上にこの戦闘のためだけに小細工をするのが感覚的に良さそうに思えないので難しいところ。それでもやった方がいいかも。

・細かいところの最適化を結構やった。結局、タイムへの寄与度という意味ではこれと序盤の稼ぎ削減が大きい。
要するにまだそういう段階だったということです。メインの発想だけで満足しちゃダメですね。

・敵トレーナー避けの精度を優先して自転車を降りた方がいい場面がいくつかある。


書ききれない点も多々ありますがとりあえずこんな感じで。

4時間切りが丸見えではありますが、そもそもこの記録の時点で運は良かったので、現状の戦略から変えずにさらに4分縮めるのは相当に大変だと思います。
不可能ではないので頑張れば出来るかもしれませんが、自分の今後の持ち時間等を考えると、そこまで時間をつぎ込む価値があるか? という話になります。
序盤の稼ぎ関連についてはもう少し調べてみようかと思いますが、仮にそこで短縮があったとしても精々数十秒だと思うので、その上でさらに何か思いつかない限りは打ち止めにすると思います。

<< ポケモンXYのRTA | ホーム | 3DS版DQ7の防具耐性 >>


コメント

更新おめでとうございます!
最近ポケモンBW2RTAに興味を持ってぜひやりたいと思っているのですが、冬コミで頒布されていた『ポケモン対戦の手引き』が品切れでした。
再販の予定はありますか?

お手数ですが、質問いただいた件については東京大学ゲーム研究会(http://tga.squares.net/)までお問い合わせいただけると幸いです。その方が正確だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。