最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

プロフィール

Author:イリアス_

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リカバリーTA大会感想

かなり遅れてしまいましたがリカバリーTA企画inST大の感想を書きました。
続きは続きを読むから
第1問
調査時間で道具欄を見ると(小さなメダル)が6枚。クリアには12枚必要なので、あと6枚の回収プランをどうするか、という問題。
船入手直後なので、カジノ船で2枚、チゾットの山道で2枚、砂漠の祠で1枚、テルパドールで1枚の計6枚としました。チゾットの山道の3枚目を回収した方が良いような気もしましたが、敵から襲い掛かられるのが嫌だったのでまあいいか、という結論に。この時は名産博物館のメダルは頭から抜けていました。仲間もそれなりに充実しており、(エルフの飲み薬)があるから宿屋にも泊まる必要なし。
カジノ船のメダル回収→ネッドの宿屋をルーラ登録→メダル王の城をルーラ登録→砂漠の祠のメダル回収→テルパドールのメダル回収→チゾットの山道のメダル回収→メダル王の城へルーラしてクリア、というチャートを調査時間中に手持ちの紙に書き、その通りにプレイして1位クリアしました。


第2問
洞窟のアイテムを(旅人の服)まで回収してからアルカパへ。とりあえずレヌールにある(力の種)と30Gを回収して売るべきだろう……と思ってレヌールに突っ込みましたが、おおねずみ×2+ナイトウィプス×4というエンカウントを引いて見事に全滅。かなり制限時間的に厳しい問題だったのでその時点でほぼ目無しになり、(銅の剣)を購入するなどの珍プレイをしながらずるずるプレイしてリタイアしました。
アルカパ~レヌールに向かう際の道中で出現する敵をちゃんと倒せる状態にしておかないと駄目ですね。稼げない時間帯が長くなってしまうのはまずい。
完全に勝負にならなかったせいでレポートに書く内容すらあまり無いという酷い結果となりました。ミスがどうこうというより単に実力不足だった感はあります。


第3問
とりあえずメタリンに(キラーピアス)を購入して適当に攻撃してればデモンズタワーは大丈夫だろう、基本的に一本道なので細かいところで差が付きそうだ、と思いながら色々考えていたところ、調査時間が残り3分程度となったところで、「これってルカニ系呪文を使えるキャラがいないとキメーラにメタリンがまともなダメージを与えられないのではないか……?」という考えが頭をよぎりました。
当たり前ですが勿論そんなことはなく、これは自分が(キラーピアス)の攻撃力を35ではなく5だと勘違いしていたのが原因です。DQ4ではキラーピアスの攻撃力は5であり、これと混同していました。いくらなんでも酷すぎますね。この(キラーピアス)は出題者の罠なんじゃないか、とプレイ中は本気で思っていました。かなり無理がありそうだと思いつつボロンゴの(炎の爪)で攻撃する戦略を採用しましたが当然のごとくキメーラで詰んだのでリセット、2回目はちゃんと(キラーピアス)を購入しましたが、制限時間がかなり厳しい問題だったのでこの時点で目無しとなり、クリアすら出来ない結果となりました。

……というのが表向きの分かりやすいミスですが、これとは別にもう一つ重いミスをしています。個人的には単なる知識の抜けよりもこっちの方がヤバいミスなのではないかと思っています(まあ知識の抜けの方も割と論外級のミスではありますが)。
「デモンズタワーを上り始めた辺りで、実況の方が『たらひろさんは(キラーピアス)を購入した』という旨の発言を行ったのですが、本当ならば自分はこの情報を聞いた瞬間にリセットを行わなければならなかった」というのがミスの内容です。
この理由は大きく分けて2つあります。1つ目は、たらひろさんが(キラーピアス)を買ったということは少なくともボス戦の勝算はあると見るべきであり、その情報を聞いた時点で攻撃力に関する自分の勘違いに気付くべきだった、という点です。2つ目は、この時点での自分の立場で第3問で絶対に許してはいけないのは「たらひろさんが正解し自分がクリアできない」という状態なので、それを回避する確率が最大になるように行動すべきだった、という点です。
2つ目についてはこれだけでは説明が足りないと思うので補足します。第3問スタート時点では自分が暫定1位であり、当面の敵は暫定2位のたらひろさんでした。リカバリーTAという競技の性質上、クリアできずにリタイアとなる可能性がそれなりに存在するので、第5問開始時で1点未満の差でもいいからトップ目に立っておくのが重要となります。そして、今大会の点数の仕様を考慮すると、第4問で自分がたらひろさんに点差をつけられるというケースは実はほとんど有り得ません。そのようなケースが発生するのは、第4問を全員がクリアした上で自分が3着でクリアするというケースのみなので、第4問でたらひろさんと同点以上ならば、高確率で第5問にリードした状態で突入できることになります。第3問が全員正解かつたらひろさんが1位かつ自分が3位だったとしても、第4問の展開次第では第5問にリードして入れる可能性は十分にあります。
よって、第3問ではトップを狙いにいくことによる恩恵が低く、自分がクリアすることだけを考えることによる恩恵が高い状況になっていたと言えます。そのため、あの状況では漫然とプレイするのではなく、即座にリセットしてクリア狙いに移行するという判断を下すべきでした。
さらに言うなら、暫定2位のたらひろさんを当面の敵と判断する場合、とりあえずたらひろさんと全く同じ戦略を取っておけば大崩れはしません。そうすれば、「自分だけが崩れて、たらひろさんが崩れない」という展開になる可能性を大きく下げることが出来るからです。そういう意味でもあのタイミングでリセットしてキラーピアスを買いなおすべきでした。本当に甘いですね。


第4問
こちらの戦力はLV20の主人公と初期レベルの人間キャラ、装備はそれなりにあり、袋の中には(小さなメダル)が27個。この条件でラマダ、イブール、ブオーンを倒せとのこと。
これを見た時点で、(小さなメダル)を1個回収すれば(神秘の鎧)を取得することが可能となり、これをラマダとイブールの経験値を得た息子に装備させれば1人でブオーンが倒せるよ、ラマダやイブールは低レベルで適当に戦っても何とかなるよね、という問題だと認識し、一直線に戦略が決まりました。
まずラマダ戦ですが、3ボスの中で一番大変なのは明らかにコイツだと判断したため、3ターン目に(世界樹の雫)を使用。その間にスカラやスクルトで固まったので、あとは主人公の先行ベホイミとサンチョの後行(祝福の杖)で回復しながら戦いました。息子は(天空の盾)の効果を切らさないようにします。さらに息子に(薬草)を持たせることで、「先行しなくても別に死ぬわけじゃないけど雰囲気的に薬草の回復を入れておきたい」という局面で使用させました。あまりそういう場面はありませんでしたが。
イブール戦。輝く息orマホカンタのターンに息子のみを馬車外に出して凌ぎ、それ以外のターンは死人が出ないよう適当に。この時点でまーくさんはラマダで全滅、ムウさんははぐれ狩りをしているものの全然狩れない、という状況だったので順位負けはほぼ無くなり、あとは制限時間内にクリアする確率が最大になるようにプレイすればよいので、ものすごくゆっくり戦いました。モニターの入力遅延が地味にきつく、コマンド入力を1回ミスるだけで壊滅しかねない戦闘で高速入力するわけにはいかなかった、というのもゆっくり戦った理由の一つです。あまりに時間がかかったため、はぐれ狩りをした方が速いのではないか、という印象を観客の方々に植え付けてしまったかもしれませんが、前述の2つの理由がなければもっと速く倒せていると思います。
ブオーン戦では息子に(星降る腕輪)を装備させ忘れるというミスがあり、このまま戦う手もありましたが、残り時間的に1回ぐらいは全滅しても大丈夫そうだったので全滅を選択。再戦して撃破し、2分程度の余裕をもってクリアしました。息子1人で(天空の盾)の効果を切らさないように戦えば負けることはないでしょう。


第5問
調査時間中では、とりあえずパペックが(賢者の石)を使いつつ、サンチョがスクルトを使用して固めながら(ドラゴンの杖)×2を連打していれば変身前は何とかなるだろう、変身後はAローテとCローテは(天空の盾)使用によるイオナズンの反射があるし、Bローテは割とやばそうだけど大量に(世界樹の葉)を持ち込んで葉の暴力でゴリ押せば何とかなるだろう、ぐらいの感覚でした。パーティーは主人公、サンチョ、フローラ、パペック、ピエール、イエッタ、ミステル、アプール、としました。
色々アイテムを回収しようかと思いましたが、ミルドラース戦に時間を残すことこそが最大の安定策だと判断し、あまり回収せずにエビルマウンテンへ突入。ちなみに(世界樹の葉)は7枚所持していました。この時点でたらひろさんははぐれ狩りを行っており、なかなか狩れずに手間取っていたので順位負けはなさそうだと思い、あとは自分がミルドラースに勝てるかどうかの勝負だと認識しました。ムウさんがものすごい速さではぐれを狩っていたようでなかなか盛り上がっていましたが、点数状況的にたらひろさんとの直接対決のみが重要だったので、そちらはあまり見ていませんでした。エビルマウンテンの道中はフローラに(幸せの帽子)を装備させて無限にベホイミを使わせることでMPを消費せずにHPを回復していました。また、ピエールのHPが195であり、(命の木の実)を4個使用しても216に達するか怪しく、少し稼げばミルドラース戦でのレベルが+1されることは分かっていたので、道中で少しだけ敵を倒しました。レベルが上がると(命の木の実)が1個余るため、サンチョに使用してHPを216以上にしました。

肝心のミルドラース戦ですが、なんと直前にパペックに(魔神の鎧)を装備させるのを忘れてしまった(ここまではサンチョが装備しており、パペックは(星降る腕輪)を装備させて先行マホトーンで危険な敵に対処する役割を果たしていた)ため、(賢者の石)の先行後行が安定しなくなり、一気に厳しくなりました。第4問でもやらかしてますが、素早さが絡む装備変更だけは絶対に忘れちゃいけないとあれほど……。これにより防御しないといけない場面が増え、でも防御ばかりしていると時間がどんどん削られてしまうため押し気味にするとそこを突かれて死者が出る……といった有様。さらにキラーマシンもガンガン召喚されました。正確な回数は覚えていないですが、片手で数えられる回数は超えていたと思います。本当にこのゲームはプレイヤーがミスるとそのミスを的確に咎めてくるゲームですね。長期戦になった分だけ召喚される数が増えたというのもありますが。ふらふらになりながら何とか変身前は倒したものの、変身後のBローテ撃破直前あたり(残り時間は5分程度)で葉が尽きた状態でパペックが死亡し、この時点で負けが確定しました。


総括
第1問と第4問はある程度まともにプレイできましたが、他が酷かったです。特に第3問。
まあこれだけミスりまくっておいて勝とうだなんて甘い話は通らないということで、勉強になりました。
最後になりますが、運営や関係者の方々お疲れ様でした。

<< ポケモンBW2のRTAチャートについて | ホーム | リカバリーTA大会結果 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。